繭山龍泉堂ロゴ

PAST EXHIBITIONS

五彩龍文尊式瓶
五彩龍文尊式瓶
萬暦(在銘)
高 34.0 cm

嘉靖萬暦の五彩展

Jiajing and Wanli Exhibition ‘Overglaze Enamel Ware’

2016年10月14日(金)- 10月16日(日)

東京美術倶楽部
第20回東美特別展 ブースNo.19
10 月14 日(金) 10:00 〜19:00
10 月15 日(土) 10:00 〜19:00
10 月16 日(日) 10:00 〜17:00

緑地紅彩唐草文瓢形瓶
緑地紅彩唐草文瓢形瓶
嘉靖(在銘)
高 14.4 cm

嘉靖萬暦展

Jiajing and Wanli Exhibition

2016年10月18日(火)- 10月23日(日)

繭山龍泉堂
11:00 〜18:00 会期中無休

明時代嘉靖期及び萬暦期の官窯の作品は、わが国においては江戸期もしくはそれ以前より珍重されてきました。すくなくとも1970 年代ころまでは中国陶磁の主役的立場として扱われ、明時代初頭の永楽・宣徳期の官窯よりも高い評価のもと取り引きされていました。
 近年の中国人主導のマーケットの中で、明初の官窯がより高く評価され、明後半期の官窯の評価はなおざりにされてきました。しかし、ここ数年の市場の成熟とともに、クオリティーの高い嘉靖・萬暦期の作品に対しては、高額な値が国際的なオークションでもつくようになり、再評価の機運が世界的にも高まってきているように感じます。
 この度選びました作品たちは、わが国の嘉靖・萬暦官窯の受容の歴史から鑑みても、高い評価を得てしかるべきものばかりです。是非ともこの機会にご自身の眼で、嘉靖萬暦の美を見つけて頂ければ幸いです。

2016年9月
繭山龍泉堂