マユヤマオンラインギャラリーロゴ
Loading...

青白磁輪花盤

景徳鎮窯
北宋(11〜12世紀)
高 2.9 cm  口径 12.5 cm

Jingdezhen ware
Northern Song dynasty
H. 2.9 cm  Mouth Dia. 12.5 cm




宋代は中国各地で特色ある名窯が隆盛を極めた時代です。本作の焼かれた景徳鎮もそのひとつで、特に白磁に秀でたものがあります。非常に白く緻密な胎土で作られた上質な磁胎に掛けられる、うっすらと青みを帯びた透明釉により「影青」という詩的な呼称で知られています。

何と言っても器体の薄さ、切れ味がこの作品の魅力です。一見して分かる鋭さは、もはや説明不要でしょう。丸く削られた高台内は露体で、焼成時の跡が自然に残っています。このシンプルな菊花形は同時代の漆器などにも見られるもので、同時代の洗練された普遍性が感じられます。

実に宋磁らしく品の良い作品ですので、新しく中国陶磁をお集めになる方にもおすすめしたい一品です。