マユヤマオンラインギャラリーロゴ
Loading...

黒釉銹斑碗(河南天目)

磁州窯系
金 12世紀
口径 12.5 cm 高 5.8 cm

来歴

藤岡了一(1909〜1991年)箱書.




Cizhou-Type Ware
Northern Song - Jin dynasties
Mouth Dia. 12.5 cm H. 5.8 cm

PROVENANCE

Box inscription by Ryoichi Fujioka (1909 - 1991) .






見込みは黒釉に赤茶色の銹花が飛び、外側は茶色一色という洒脱な雰囲気が魅力の碗です。いわゆる河南天目と呼称される作例で、河南天目とは河南省あたりで焼成された黒釉に赤茶色の斑文がある作品に対して使われる名称です。この河南天目を焼造した窯は比較的多く、おもに磁州窯系の窯だといわれています。

高台は垂直にちかくきりっと立ち上がっており、北宋の匂いが残っています。見込みと外側の色が塗り分けてある、いわゆるバイカラーのタイプは河南天目の中では人気があり、器形によってはオークションなどで高額で取引されています。見込みの黒の発色と銹花の対比の美しさが河南天目の評価のポイントですが、黒の部分にうっすらと赤茶が被ることにより、黒が濁ってしまい、全体にぼやけた印象になっているものも散見されます。本作はそういったことがなく、黒の部分が爽々と発色しており、銹花とのバランスもよくすっきりとした印象を受けます。東洋陶磁研究者の藤岡了一(1909-1991)により貴重な箱書きがなされています。