マユヤマオンラインギャラリーロゴ
Loading...

青花八宝文盤

景徳鎮窯
明 萬暦年間(1573〜1620年)
高 3.5 cm 径 14.8 cm

Jingdezhen ware
Ming dynasty
H. 3.5 cm Dia. 14.8 cm




明末の嘉靖頃から官窯の需要増大によって、官窯作品を民窯に委託焼造させる、いわゆる「官搭民焼制(かんとうみんしょうせい)」が採用され、明末期には官と民の境目が曖昧な作例が多く生み出されました。本作も萬暦年間頃に作られたと考えられますが、無銘であり官窯とは断言出来ません。ただし、精緻な磁胎は景徳鎮ならではの良質なもので、在銘の官窯作品に通ずる美質を有していることは間違いありません。

上記のような事情から、民間の気風が流れ込んだ明末期の作例は文様が過多になりすぎ、時には繁褥であるとまで云われることも度々あります。しかし、この盤の主文様である八宝文は余白を生かした文様構成で描かれており、明末期の作例であっても上品で落ち着きがあり官作的な印象です。

八宝文は、元~明代磁器に連綿と見られる意匠です。金魚や宝瓶、法螺、蓮花といった仏教教義で尊ばれる文様を組み合わせたもので、吉祥的な意味合いを持っています。明末期には全ての工芸品に共通して吉祥文様を多用する傾向があり、それらを飾ることで身の回りを瑞気で満たそうとする気運が感じられます。