マユヤマオンラインギャラリーロゴ
Loading...

五彩梅文方瓶

景徳鎮窯
明 天啓年間(17世紀)
高 13.2 cm, 幅 6.6cm

Jingdezhen ware
Ming dynasty, Tianqi period
H. 13.2 cm, W. 6.6 cm




明時代末、天啓年間(1621~1627年)頃に景徳鎮窯で作られた方瓶です。作品を彩る梅花の伸びやかさと、片身替になった黄釉のデザインは洒脱でモダンな雰囲気を醸し出しています。このようなやきものは当時日本からの注文品として焼造されたもので、高台内に天啓年製と銘の入るものがあることから「天啓赤絵」と総称されています。処々に見られる釉薬の剥がれは本来欠点ですが、それを日本的な美意識で「虫食い」と呼称し、味わいとして愛玩してきました。

天啓赤絵は皿・碗類に遺例の多いものですが、本作のような立体物となると数が減り貴重です。本作は方形の胴部と円形の口縁部、斜めに広がる脚部とそれぞれ異なる形状で構成されており、幾何学的な面白さも感じらます。このように明末の造形には従来の中国陶磁にない独特なものがあり、それも魅力のひとつと云えるでしょう。古渡りであることを感じさせる箱には「花生」と箱書されており、花器としても珍重されたと考えられます。