マユヤマオンラインギャラリーロゴ
Loading...

褐釉弦文壺

盛唐 8世紀
高 14.8 cm 胴径 13.1 cm

来歴

G. F. Giaquili Ferrini旧蔵.
John Sparks Ltd., ロンドン.




High Tang
H. 14.8 cm Torso Dia. 13.1 cm

PROVENANCE

G. F. Giaquili Ferrini Collection.
John Sparks Ltd., London.






唐時代には皇族、高官貴族の墓中に、死後永遠の食物を備え続けるために三彩や緑褐釉で彩られた明器の壺が埋葬されました。本作も同様の役目を担っていたと考えられます。

普遍的な壺という器形ながら、肩部に回った弦文がアクセントとなり引き締まった印象を与えてくれています。このような箇所に金工品をモデルにしていた名残が見られるのが興味深く、市場で散見される圏線のない単純な壺よりも数の少ないタイプと言えます。土は白くきめ細かく、上質な褐釉の発色は1200年以上を経た今も美しく永遠に退色しない明器としての本分を発揮しています。高台際は斜めに面が削られ、器形のシャープさを強調しています。正面からの見た目だけでなく、高台まで神経が行き届いた作りがこういう部分に現れており、見るほどに味わい深い一品です。

イタリア人蒐集家G. F. Giaquili Ferrini旧蔵、イギリスの老舗ディーラーJohn Sparks扱いの来歴があり、筋の良い作品です。シンプルな器形ながらいくつもの見所があり、雰囲気のある佇まいを持つことはそこに起因するかもしれません。