マユヤマオンラインコレクションロゴ
Loading...

青磁盒子

耀州窯
北宋〜金(11世紀〜12世紀)
高 4.3 cm 径 6.1 cm

Yaozhou ware
Northern Song–Jin dynasties (11th–12th centuries)
H. 4.3cm Dia. 6.1 cm




SOLD

端正な器形と均一に施釉されたオリーブグリーンの光沢ある釉色が目を引く青磁の盒子です。小品ながらも存在感があります。11世紀から12世紀にかけての北宋〜金時代に華北の耀州窯で焼成されました。上面がわずかに膨らむ被せの蓋と胴中程が丸くふくらむ身からなる太鼓形の盒子で、底面は無釉のベタ底になっています。蓋身の間にわずかに覗く胎土の赤味が良いアクセントとなっています。

太鼓形の盒子は、北宋期頃から散見されるようになりますが、その形が囲碁の石を入れる容器にも類似していることから、囲碁盒子とも呼ばれます。当時、琴棋書画が士大夫のたしなみとなっていたことに関係があるのかもしれません。同時代の太鼓形盒子には、花卉文などの刻花装飾や鋲文が施されているものが多いのですが、本作のように蓋身共に素文というものは珍しく、大変洗練された印象です。付随する古色ある箱からは、長らく大切にされていたことが窺えます。