マユヤマオンラインコレクションロゴ
Loading...

青磁陽刻劃花波魚菊文盃台

高麗(12世紀)
高 4.0 cm 口径 13.5 cm

Goryeo dynasty (12th century)
H. 4.0 cm Mouth Dia. 13.5 cm




SOLD

高麗時代に作られた、杯を載せる托です。高麗青磁は青と緑の混ざり合った独特な美しい青磁が特徴で、その色彩はカワセミの羽根の色とも、鉱石の翡翠の色とも讃えられる「翡色」という美称で知られています。本作でも典型的な高麗青磁らしい色彩感覚が看取されます。青磁は中国で発展し、やきものの範疇を超えた美術品としての境地へと至りました。中国の青磁は圧倒的に優れた美質を有していましたが、その高みに迫った唯一の青磁が高麗青磁です。

「翡色」は高麗青磁の魅力のひとつですが、それに加えて装飾的な線刻などによる文様も高麗青磁の優れた見どころです。この托では菊花の意匠を立体的な彫刻技法でもって中央と縁部に配し、一段下がった部分には細い線刻による流麗な線で波や魚といった水辺の景が表されています。こういった線刻は同じ高麗時代の螺鈿、金工と共通する高い技量のもので、高麗王朝の持つ高い美意識を凝縮しているものと云えるでしょう。