マユヤマオンラインギャラリーロゴ
Loading...

青磁四耳壺

越窯
西晋(3〜4世紀)
高 16.3 cm 胴径 20.4 cm

来歴

藤岡了一(1909〜1991年)箱書.




Yue ware
Western Jin dynasty
H. 16.3 cm Torso Dia. 20.4 cm

PROVENANCE

Box inscription by Fujioka Ryōichi (1909 – 1991).






越州窯は高火度施釉陶としての青磁を初めて安定的に生産した名窯です。漢末に興起し、南北朝に隆盛を誇りましたが、初唐までに断絶と云ってよい程の衰退を迎えます。のちに中唐~晩唐に復活を遂げるものの、南北朝以前の作品は『古越』と呼ばれ区別されています。本作は古越磁の中でも古い特徴を有し、釉の安定感や器形から西晋期の作と思われます。全体にはムラがあるものの、上部に厚く掛かった釉薬はよく溶けて透明感があり、深い色味を呈しています。また比較的高い温度で焼成されているため、露胎部分は赤褐色に焦げて底部の目跡もはっきりと確認できます。

西晋期の作風はまだ銅器の影響が残り、口縁から耳にかけて施された線文が金属的な印象を与えて全体の雰囲気を引き締めています。一方で純然たる銅器写しには無いどっしりと柔らかな佇まいも備えており、メタリックな空気と陶磁器らしさが調和した姿も本品の魅力といえるでしょう。

著名な東洋陶磁研究者の藤岡了一(1909~1991年)の箱書を伴い、水指として使用されていたことがうかがえます。