マユヤマオンラインギャラリーロゴ
Loading...

存星寿龍鳳凰文六角盆

明 嘉靖在銘(1522〜1566年)
高 3.0 cm 径 16.0 cm

Jiajing mark and period
H. 3.0 cm Dia. 16.0 cm




「存星」は文様部分を彫り込み、そこに色漆を充填して文様をあらわす漆工の技法の名称で「填漆」と同義で使用される色彩豊かな技法です。文様の輪郭には線刻した部分に金線を用いる「鎗金」が使われ、色漆の華やかさをより一層豪華なものにしています。

見込みには太湖石から伸びる宝相華唐草が多彩な色漆によって幻想的に描かれ、その唐草は上部に戴く「寿」の意匠へと繋がっています。文様からは自然な柔らかさが看取でき、刻線を使い熟す作者の技量が感じられます。側面には伝統的な龍鳳文、裏面には瑞花果によって飾られ、吉祥文によって埋め尽くされた瑞祥の盤です。裏の堂々とした刻銘から分かる通り、明代後期の嘉靖萬暦には漆工の官営工房が置かれ、本作のように技巧の粋を凝らした作例が作られました。

漆工は陶磁器と比べると愛好家が少ない分野ですが、上記のように非常な手間と熟練が要求され、高級な芸術性を持つ工芸品と云えます。また、文様や器形は同時代の陶磁器との関連性が高く、似たような作例も見られるのも興味深い点です。実際にご覧いただき、作品の良さを味わって頂ければと思います。