マユヤマオンラインギャラリーロゴ
Loading...

魚形玉飾

西周(紀元前10〜8世紀)
長 9.3 cm

来歴

A. W. Bahr(1919〜1957年)旧蔵.
Arthur M. Sackler(1913〜1987年)旧蔵, 1963年に入手.




Western Zhou dynasty
L. 9.3 cm

PROVENANCE

A. W. Bahr (1919–1957) Collection.
Arthur M. Sackler (1913–1987) Collection, acquired in 1963.






西周時代に作られた魚形の玉飾です。古玉は痂せたり白化してしまうことが多い中、本品はたいへん良好なコンディションで、ペールグリーンの美しい玉色がほとんど劣化も無く見られます。古玉の中でもとくに商から西周にかけてのものは、痂せや白化が進んでいるものが多く、それ以降の春秋から漢にかけてのものよりもコンディションのよいものが少ない印象です。 

本作は細長い魚の形状で、尾鰭の先の二又が何ともかわいらしいです。片面は、発掘されたままの状態で小石や微細な土が付着していますが、あえて除去せずに、そのままにしています。玉にとって重要なことは、どのくらいオリジナルの“磨き”が残っているかです。表面の汚れを取るさいにオリジナルの磨きも一緒に取り去ってしまうことが多く、本来の形にまで影響が出てしまうほど磨き直されたものも少なくありません。そういった点においても、本品はうぶな状態が保たれている優品だといえるでしょう。

来歴は、A. W. Bahr(1919〜1957年)所蔵の後、1963年に、Arthur M. Sackler(1913〜1987年)の所蔵となり、その後オークションで売却されました。