マユヤマオンラインギャラリーロゴ
Loading...

虎形玉佩

商末〜西周前半(紀元前11〜9世紀)
長 9.8 cm

来歴

A. W. Bahr(1919〜1957年)旧蔵.
Arthur M. Sackler(1913〜1987年)旧蔵, 1963年に入手.




Late Shang–Early Western Zhou dynasties
L. 9.8 cm

PROVENANCE

A. W. Bahr (1919–1957) Collection.
Arthur M. Sackler (1913–1987) Collection, acquired in 1963.






SOLD

商時代末から西周時代前半に玉で作られた虎形の玉(はい)です。玉佩とは、帯にかけて飾りとした玉器をいい、中でも虎形のものはたいへん珍しく貴重です。ディフォルメされているため、一見すると虎とは判別しにくいですが、よく見ると端に頭と尾が確認でき、下部に前足と後足が折りたたまれています。

尾や頭部に白化は見られますが、元の玉色も十分に残っており、オリジナルの磨きの面も大半が残っています。白化の仕方もたいへん好ましく、自然に白化したままにされている箇所は、作られた当時の磨きの雰囲気をよく伝えており、表面は平滑なまま煙りが入るように白化が進んでいるさまは、最も好ましい白化の状態といえます。

くるっと丸まった尻尾がなんとも愛らしく、それに対してがっしりと表現された爪とのバランスも見事で、目の表現などは、どこか青銅器を彷彿とさせるにおいがあります。来歴もすばらしく、品質としては申し分ありません。気になる方はお気軽にお問い合わせ下さい。