マユヤマオンラインギャラリーロゴ
Loading...

青白磁劃花宝相華文碗

景徳鎮窯
北宋(11世紀)
高 4.0 cm 口径 12.2 cm

Jingdezhen ware
Northern Song dynasty
H. 4.0 cm Mouth Dia. 12.2 cm




SOLD

景徳鎮窯で北宋後半に焼造された青白磁の盞です。薄造りで非常にシャープな印象で、真横から見ると、高台根元から直線的に口縁部に向かって広がっており、北宋期らしい、漆器を祖形とするような器形です。見込みには劃花により蓮花文が施されており、同様の盞形の作例でも類似する文様が用いられていることから、このような盞形特有の文様なのではと推察されます。

釉調は白よりの青白色で、南宋に向かうにつれて青が濃くなる傾向にある青白磁において、北宋らしい色調を呈しております。また表面も痂せやくもりのない肌合いで、伝世品のような光沢感があり、たいへん艶やかな印象です。

本作はイギリスの市場に出てきたもので、それ以前の来歴は不明ですが、高台内の焼成時の目跡がオレンジ色をしており、これはオールドコレクションの青白磁に度々見られる特長です。