マユヤマオンラインギャラリーロゴ
Loading...

五彩花鳥文輪花鉢(色絵祥瑞)

景徳鎮窯
明 崇禎年間(1628〜1644年)
高 7.0 cm 径 29.0 cm

Jingdezhen ware
Chongzhen, Ming dynasty (1628–1644)
H. 7.0 cm Dia. 29.0 cm




明時代末、崇禎期(1628〜1644年)につくられた八稜輪花形の色絵祥瑞の大変華やかな鉢です。八つに仕切られた外縁には四種類の異なる幾何学文が規則的に配置され、立ち上がる内側面には花唐草文、見込みには花鳥文が赤、緑、黄、紫、墨の五色を用いて、活き活きとした筆致で描かれ、そこに吹く風や鳥のさえずりまでが立ち上ってくるようです。底裏には四角形の枠内に福と書かれる角福の銘がコバルトで記されています。厚手のつくりで高台の畳付き部分がかまぼこ形という祥瑞ならではの特徴も有しています。

色絵、青花にかかわらず、祥瑞手は日本から茶道具や懐石道具として注文されたものです。同じく同時代の注文品であった古染付や南京赤絵に比べると、胎土、顔料などの材料は上質なものが使われ、成形、絵付けも精緻で、大らかさの中に洗練さが感じられます。

本品のような大振りな輪花形鉢は、色絵祥瑞の中でも珍しいタイプで、鑑賞用としても実用の器としても、特にお祝いの席には相応しい一品です。