マユヤマオンラインコレクションロゴ
Loading...

黄釉加彩女子俑

初唐(7世紀)
高 21.4 cm

来歴

Wilfrid Fleisher (1897〜1976年)およびその子孫旧蔵.




Early Tang (7th century)
H. 21.4 cm

PROVENANCE

Wilfrid Fleisher (1897–1976) , thence by descent in the family, Collection.






SOLD

唐のはじめ頃に墓中を飾る副葬品として制作された官女の俑です。陶器でもって人形を象り、副葬する風習は古代中国で行われた陪葬を避けたことから始まったとされ、大規模なものでは秦・始皇帝の兵馬俑があります。その後の唐時代でも俑の副葬は連綿と続いていました。陶俑は王侯貴族の墓に納めるためのものであり長く陽の目を見ることはありませんでしが、近代に鉄道敷設工事などの折に発掘され市場へ現れると、俑の持つ造形性の高さ、仏像などとも共通する同時代性を持った芸術作品として高く評価されるようになります。

その魅力は本作からも看取されます。微妙な頬の肉付きの柔らかさ、切れ長の目、すっきとした鼻梁などの造形は理想的なもので、官女の年齢まで推し量れるようです。身に纏った薄衣の質感もよく表現されており、座右に置いて鑑賞したくなる一品です。のちの盛唐期に入ると唐三彩の俑も多く作られますが、釉薬の美しさに比重が置かれるようになり俑そのものの造形力はやや低下します。純粋な鑑賞美術として見た際には、初唐期の俑は非常に高いレベルにあると云えるのではないでしょうか。

スウェーデンのコレクターWilfrid Fleisher(1897〜1976年)が所有していた作品で、古くに出土伝世したものと思われます。