マユヤマオンラインギャラリーロゴ
Loading...

青銅鍍銀虎

前漢(紀元前1世紀〜紀元1世紀)
長 5.4 cm 高 4.0 cm

来歴

Companie Chinoise Tonying, パリ, 1936年11月16日.
Spoerry旧蔵 (旧蔵者所蔵品リストno. 3012).




Western Han
L. 5.4 cm H. 4.0 cm

PROVENANCE

Companie Chinoise Tonying, Paris, November 16, 1936.
Spoerry collection, mentioned in the collector’s personal inventory under no. 3012.






HOLD

前漢時代後半に鋳造された青銅製の虎です。表面には鍍金もしくは鍍銀とも云える加工が施されており、色調は銀色に僅かに金色が入ったホワイトゴールドのような趣きです。

漢代の三虎鎮の虎に類似していることから、鎮もしくはなんらかの装飾の一部であったと推察されます。鏡などでは白虎を鍍銀で表現した例もあるため、本作も白虎を表している可能性が考えられます。

本品は1936年にフランスのディーラーが扱っており、当時ヨーロッパでは金石類を非常に高く評価していたため、本品もそういった鑑識眼に見合った高い美質を有しているという左証にもなっています。