マユヤマオンラインギャラリーロゴ
Loading...

白覆輪天目

金(12〜13世紀)
高 4.3 cm 口径 11.5 cm

Jin dynasty
H. 4.3 cm Mouth Dia. 11.5 cm




金時代の河南省を中心として、広く華北で作られた黒釉の作品、いわゆる「河南天目」の一種で、特に口縁部を白釉で金属製の覆輪のように装飾したものを「白覆輪天目」と呼称しています。漆黒の黒釉にひと筋の白線が映えるモノトーンの美が形成され、実にモダンな雰囲気を感じさせます。

側面から見ると直線的なラインで立ち上がっており、シャープな器形をしています。曲線的な側面で構成される碗というよりも、「(さん)」と呼ばれる器形に近いと云えるかもしれません。白と黒の洗練されたデザイン性のみならず、形状の上でも宋磁らしさを感じさせます。胎土も白く上質で、粘性を感じさせる黒釉と胎土のコントラストも本作品の魅力に花を添えています。

本作の持つミニマルな美質は、コンテンポラリーアートなどと通ずる要素もあり、古美術の枠を超えて鑑賞して頂きたい一品です。