マユヤマオンラインギャラリーロゴ
Loading...

白磁刻花蓮唐草文碗

定窯
北宋〜金(12世紀)
高 7.5 cm 径 16.0 cm

来歴

Wilfrid Fleisher(1897〜1976年)およびその遺族旧蔵.




Ding ware
Northern Song – Jin dynasties
H. 7.5 cm Dia. 16.0 cm

PROVENANCE

Wilfrid Fleisher ( 1897-1976), thence by descent in the family.




価格はお問い合わせください
Please contact for price

定窯は宋代を代表する白磁の名窯です。陶磁史の中で様々な白磁が生み出されましたが、薄く繊細な造形、淡く黄味を帯びた白磁に刻された流麗な文様を持つ定窯の上品さに於いて右に出るものはありません。

口縁の開いた鉢は定窯に多く見られる器形ですが、本作のような碗形のものは貴重です。側面には大ぶりな蓮花と、そこから伸びる唐草が刻され、実に定窯らしい典雅な雰囲気を醸しています。彫花の刻線に釉薬が僅かに溜まることで陰影のような効果を上げ、文様に奥行と色彩の微妙な変化を見せています。定窯の魅力を存分に有した作で、鑑賞美術として相応しい逸品です。

旧蔵者Wilfrid Fleisher(1897~1976年)は、幼少期から日本で育った影響で早くから東洋美術に興味を持ち、その所蔵品の多くは戦前期1920~30年代に蒐集されたようです。それらにはオールドコレクション特有の品格が漂っており、この定窯刻花碗を含む作品からは彼の優れた眼力が感じられます。