マユヤマオンラインギャラリーロゴ
Loading...

白磁杯

隋(6世紀末〜7世紀初)
口径8.4 cm 高 7.3 cm

Sui dynasty
Mouth Dia. 8.4 cm H. 7.3




SOLD

隋時代につくられた白磁杯です。白磁は南北朝時代に青磁から分岐した技術で、隋代には白色に近いものが焼造されるようになりますが、いまだ黄色味の目立つ作例も散見されます。その中で本作は、不純物が少なく透明度の高い釉薬により淡い牙白色を呈します。見込みの一部を除いて痂せもなく、コンディションは良好です。

引き締まった(ばち)高台と口径に比して縦長の形状は隋代に完成をみる器形です。本作は洗練された作行を誇り、高台は精緻に鋭く削り出され、胴部はうっすらと光を通すほど薄く仕上げられています。金属器に倣った姿は厳しいながらも柔らかさを宿し、謹直かつ典雅な美質を有した逸品と云えるでしょう。

隋の白磁杯は人気が高く、中でも本品のように出来も状態も良い作品は多くありません。貴重なご紹介となります。