マユヤマオンラインギャラリーロゴ
Loading...

白磁水注

晩唐〜五代十国(9世紀〜10世紀)
高 10.5 cm 幅 5.0 cm

Late Tang – Five Dynasties
H. 10.5 cm W. 5.0 cm




SOLD

晩唐から五代にかけて焼かれたであろう白釉の水注です。茶褐色の胎土に白化粧を施し、上から透明釉をかけて焼成されています。把手の付け根に溜まった釉薬は淡い青緑色をしており、よいアクセントになっています。窯の判別は難しく、上記の釉調などから、磁州窯系の諸窯や長沙の瓦渣坪(がさへい)窯、四川の邛崍(きょうらい)窯などが考えられますが、その中では邛崍窯の特長に類似しているようにも思われますが、判然としません。

晩唐から五代にかけては、数多くの窯が勃興し、また衰退していきました。次の時代、北宋へと続く、宋磁のプロトタイプとでも呼べるやきものが作られた時期です。本品はそういった次の時代への橋渡し的な要素を多分に含んだ作例です。縦に伸びたような器形と、極端に短い注口が面白く、どこか可愛らしいおどけた雰囲気があります。よく観察していると、じんわりとよさが伝わってくるような作品です。

比較的古くに将来された作品のようで、四十年ほどは経っていそうな箱を伴っています。