マユヤマオンラインギャラリーロゴ
Loading...

五彩花鳥文盤

景徳鎮窯
清 康熙年間(1662〜1722年)
高 6.2 cm 径36.0 cm

Jingdezhen ware
Qing dynasty
H. 6.2 cm D. 36.0 cm 




SOLD

清の康煕年間に景徳鎮で焼成された五彩の盤です。見込中央に花鳥文をおき、芙蓉手調に12に区切った周囲には1年12ヶ月を代表する花々が色取り取りに描かれています。高台内には染付で福の字の銘があります。

康煕五彩は青花を用いず色絵具で釉上に文様を描いた色絵磁器の一種です。明末の五彩から続く流れに位置しますが、前時代に比して文様の洗練と多色化が顕著で、特に美しい緑色が目立つために西欧では“ファミーユ・ヴェルト(緑手)”の呼称で賞玩されてきました。但しこのタイプは康煕時代以降も製作され、時代が下るにつれて余白が増えて文様も形骸化する傾向にあります。その点で本作の緊密な構成は古手の作風を示しています。また、ところどころ施された金彩も上手の作にしばしば用いられた好ましい特長です。

康煕五彩は欧州へ盛んに輸出されたことでも知られます。イギリス伝来の本品もその例に漏れないと思われ、茶の湯向きの多い日本伝世品とは一味違うダイナミックな魅力をお愉しみ頂けます。ほんのりと過渡期の匂いを残しつつ瀟洒で華やいだ一品です。