マユヤマオンラインギャラリーロゴ
Loading...

五彩瑞花果文盤

景徳鎮窯
大明萬暦年製銘(1573〜1620年)
径 12.7 cm 高 2.0 cm

Jingdezhen ware
Wanli mark and period
Dia. 12.7 cm H. 2.0 cm




SOLD

白く上質な磁体に描かれた、目にも鮮やかな五彩は見るものを惹きつけます。多産や繁栄の象徴である瑞果、瑞花を中心に配し、側面を八宝文が囲んでいます。これらの吉祥図様で埋め尽くされた盤は瑞気に満ち、実に萬暦らしい華やかな作品です。

この盤が作られた明時代末期、萬暦年間は明代の爛熟期と称されています。嘉靖頃から隆盛を極めた五彩は多色で鮮麗となり、文様の筆致は洒脱で雅味に富む味わい深いものになりました。この魅力は日本の茶人や蒐集家を特に惹きつけるものであり、「萬暦赤絵」として格別に愛好されています。

本作もはっきりとした来歴は不明ですが、長く日本で愛玩されてきた一品と考えられます。