マユヤマオンラインギャラリーロゴ
Loading...

青銅匜

西周〜春秋(紀元前9世紀〜紀元前7世紀)
高 16.0 cm 長 27.5 cm

来歴

Felix Guggenheim(1904〜1976年)旧蔵.
With Rare Art, Inc., ニューヨーク, 1981年1月14日以前.
欧州伝来.




Western Zhou dynasty- Spring and Autumn periods
H. 16.0 cm L. 27.5 cm

PROVENANCE

Felix Guggenheim (1904-1976) Collection.
With Rare Art, Inc., New York, before 14 January 1981.
A private European collection.




価格はお問い合わせください
Please contact for price

西周末から春秋時代前半頃に製作された()と云われる青銅()器です。匜という器形自体が大変珍しく、市場に出てくることは稀です。西周の最盛期の作例と比べて薄造りで繊細なところから、西周でも比較的後半もしくは春秋時代の始めに作られたと推察されます。

造形的に無駄なところが少なく洗練されており、使用するにあたっても用い易く作られているのが分かります。把手の獣面はおそらく虎と思われますが、西周の雰囲気を濃厚にかもしていて魅力的です。上から見ると注口から把手にかけてのラインがとてもグラマラスでたっぷりとした印象です。四本の脚もわりあいすらっとしており、器体の下から火で温めることも考慮されているようです。

永く欧米に伝世した作品で、Felix Guggenheim(1904~1976年)というドイツからアメリカに移住した蒐集家のコレクションとして大切にされてきた逸品です。